なぜ炭火か?

なぜ炭火焙煎なのか?とよく聞かれます

手間がかかって火の調節が難しいから大変でしょう!と

 

炭火は豆を遠近効果で芯からこんがり焼き上げて

豆の素材のもつ甘味を損なわないことが主な理由ですが…

 

実は幼少の頃から田舎の古い農家の家で

育った環境が大きく影響しています

 

うちのお風呂は五右衛門風呂でした

学校から帰ると風呂の火を杉葉と小枝、

そしてその上に兄貴達と割った薪をくべて、

火を起こして風呂を沸かしていました

 

さらに祖父の焼いた炭をそこに突っ込んで、

掘りごたつの火に使い、テレビ見たり宿題やったりしてました

 

鳥や鮎もとって炭火で焼いて食べてました

 

後年、自分の家はハウスメーカーの洋風の家を建て

寒ければエアコンのスイッチ入れて、

ガスのスイッチ入れれば火がつく便利な暮らしに慣れました

 

でも、五右衛門風呂やかまどや掘りごたつの火が忘れられず

天然の火に関わっていたいと思ったわけです

 

だから、炭火で焙煎している今、幼少の頃の顔をしてると思います😊

お問い合わせ

大地の珈琲豆:石原敬史

静岡市葵区足久保口組2810-17

(090)7312-7888

d-cafebean@ck.tnc.ne.jp